• ふぐの子(卵巣) 糠漬【冷蔵】
  • ふぐの子(卵巣) 糠漬【冷蔵】
  • ふぐの子(卵巣) 糠漬【冷蔵】
  • ふぐの子(卵巣) 糠漬【冷蔵】

ふぐの子(卵巣) 糠漬【冷蔵】

1,080(税込)
ポイント:10
※会員登録・ログインしてお買物をするとお得なポイントが貯まります。

数量

 
糠漬の製造風景をご紹介いたします。
画像ではなかなか伝わりにくいのですが、この霊峰白山の伏流水は心が吸い込まれる程透明で、夏でも非常に冷たく、飲んでみると身体にパワーが充電される、そんな不思議な力を感じました。この水で樽や魚を洗い、糠漬けが作られます。地元の方も4リットルペットボトルを何本も持って水を汲みにきています。



これはふぐの卵巣を塩漬けしている風景です。蓋と重石をし1年間待ちます。ここで有る程度毒を抜きます。


これは1年塩漬けされた塩です。これを食べたら・・・・∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!。この塩が川や海、一般ごみとして
流出したら大変な事になりますので、業者に引取ってもらいしっかりと処分しております。


1年間塩漬けされたふぐの卵巣です。ハート型してますね。この時点ではまだ毒が残っております。
いよいよ糠に漬け込みます。

これはいわし、さばから作られた自家製魚醤油。これを糠に漬ける際隠し味として使用致します。
旨み成分が多くあり、深い味わいがでるようです。


木樽に漬けこまれた状態です。樽から赤いものが染み出ています。
長年使用し、洗浄しまた使用する。この年期の入った樽に住み着く
微生物や糠の発酵熟成により毒が消えていくようです。
しかし、どうして毒が無くなるのか?、大学の先生方が研究されていますが、今だ解明されておりません。
先人たちの知恵、工夫、まさに神秘の世界です。
最初にこれを食べようとした人、大変勇気がありすごいです。


こうして、様々な魚種の糠漬が作られます。
この小屋の天井、壁ありとあらゆるものが菌に取り囲まれております。
画像にはありませんが、天井にはクモの巣があります。
人が通る低い天井には、自然とアーチ状によけられた綿菓子の様な巣が不思議と作られております。
クモは、この小屋に侵入する虫を食べてくれる我々の仲間として共存共栄しています。

春・夏・秋・冬
この状態で2年間過ごします。
塩漬けに1年かかりますので
製造には3年かかってようやく出来上がる
珍味中の珍味です。
 
当店にはふぐの子糠漬と粕漬があります。
初めてお召上りになる方は、糠漬をお勧めいたします。

◆ふぐの子糠漬けは、大変塩辛いですが、味が濃厚でふぐの子本来の味を味わいたい方にお勧めいたします。少しの量でご飯が大変すすみます。

◆ふぐの子粕漬けは、糠漬けしたものを酒粕にさらに漬ける為、塩辛さは有抜け食べやすくなりますが、その分濃厚さは抑え気味になります。塩辛い物が苦手な方は粕漬けをお勧めいたします。

是非一度ご賞味ください。
●名称/魚介乾製品
●原材料名/ごまふぐ卵巣(石川産・福井産)・米糠・米糀・食塩・赤唐辛子
●内容量/1腹(90~110g)
●賞味期限/要冷蔵90日
●保存方法/冷蔵庫(10℃以下)で保存して下さい。


○栄養成分表示(100g当たり)
エネルギー:170kcal
たんぱく質:23.6g
脂質:7.5g
炭水化物:2.1g
食塩相当量:15.5g
(この表示値は目安です)
  • ふぐの子(卵巣) 糠漬【冷蔵】
  • ふぐの子(卵巣) 糠漬【冷蔵】
  • ふぐの子(卵巣) 糠漬【冷蔵】

過去にチェックした商品